ハビタブルゾーン 系外惑星

ハビタブルゾーンとは、宇宙の中で生命が存在するために適している範囲のことで、ごるでぃロックスゾーンとも呼ばれるそうです。

惑星に生命が存在するためには水が液体として存在していることが重要と考えられています。恒星から受ける放射エネルギーと、惑星自体が持つ熱放射のエネルギーの平衡で決まる惑星の温度が水を液体として存在させる範囲にあれば、そこに生命がいる可能性があるとされています。

恒星は質量が大きくなればなるほど光度が上がり、その分ハビタブルゾーンも広がっていきます。一方で、恒星は質量が大きいほど寿命が短くなるため、惑星に生命が存在する前に恒星の寿命が尽きる可能性もあります。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク