シュテファン=ボルツマンの法則 惑星に生命が存在する可能性

惑星に生命が存在するためには水の存在が重要と考えられていて、そのためには惑星の温度が、H₂Oを液体である水の状態にとどめておく温度である必要がある。

惑星の温度は、恒星から受ける放射エネルギーと、惑星の熱放射のエネルギーの平衡によって決まり、惑星の熱放射のエネルギーはシュテファン=ボルツマンの法則に従う、らしい。

シュテファン=ボルツマンの法則 Wikipedia

I = σT⁴

σはシュテファン=ボルツマン定数と呼ばれる。

地学の問題ででてきたけど、どうやら高校物理に出てくる公式みたいです。全く意味が分かりません。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク